HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第9部 処置 >  [疑義]J039 血漿交換療法 >  (問131) 区分番号「J039」血漿交換療法の留意事項通知の(21)にある「直近のインタ…

(問131) 区分番号「J039」血漿交換療法の留意事項通知の(21)にある「直近のインタ…

(問131)
区分番号「J039」血漿交換療法の留意事項通知の(21)にある「直近のインターフェロンを施行した後」とは、6か月間のインターフェロン療法を行った後ということか。


(答)
直近のインターフェロン療法について治療期間は限定していない。インターフェロン投与開始後に、治療効果が認められない等の理由により、治療を中止した患者であっても、対象となる。

疑義解釈資料の送付について
平成20年3月28日事務連絡


1件のコメント

  1. 血漿交換療法を閉塞性動脈硬化症の患者さんに、11月29日開始で、始めました。1連につき3月、10回ですので、毎週火曜日実施で、1月10日、7回目まで、算定しました。その後他県に転院された場合、1月中であれば8回目という算定でよろしいですか?3月なので、1連の行為が1月までとなりますが、2月から新たに1連と言う事で、算定は、可能でしょうか?

コメントを残す