歯科
問8

問8 キーパー付き根面板を装着する場合、当該処置を算定する場合の傷病名については金属歯冠修復で根面を被覆した場合と同様に記載すればよいか。(答)診療報酬明細書の「傷病名部位」欄には、歯の実態に応じた傷病名及び部位を記載す […]

続きを読む
歯科
問9

問9 必要があって磁石構造体又はキーパーを除去する場合、区分番号「I019」に掲げる歯冠修復物又は補綴物の除去の「1 簡単なもの」を算定してよいか。(答)そのとおり。1個につき1回算定する。 疑義解釈資料の送付について( […]

続きを読む
歯科
問10

問10 再度根管治療を行う場合等であって、歯根の長さの3分の1以上のポストを有するキーパー付き根面板を除去する場合の算定についてはどのように考えればよいか。また、上記に該当しない長さのポストを有するキーパー付き根面板を除 […]

続きを読む
歯科
問11

問11 磁気共鳴コンピューター断層撮影(MRI撮影)の実施等に当たって、必要があってキーパーを除去した後、再度新しいキーパーを根面板に装着する場合は、どのように算定すればよいか。また、当該処置を算定する場合に、診療報酬明 […]

続きを読む
歯科
問1

問1 区分番号「M010」に掲げる金属歯冠修復に係る留意事項通知(15)及び区分番号「M029」に掲げる有床義歯修理に係る同通知(8)において、「なお、実施に当たっては、関連学会の定める基本的な考え方を参考とする。」とあ […]

続きを読む
歯科
問2

問2 令和3年9月1日付けで保険適用された磁性アタッチメントは、区分番号「M018」に掲げる有床義歯及び区分番号「M019」に掲げる熱可塑性樹脂有床義歯に用いるのか。(答)そのとおり。 疑義解釈資料の送付について(その7 […]

続きを読む
歯科
問3

問3 有床義歯に磁性アタッチメントを使用することを目的とし、キーパーを装着した金属歯冠修復で根面を被覆した場合及び磁石構造体を装着した場合において、診療録にはどのように記載すればよいか。(答)キーパーを装着した金属歯冠修 […]

続きを読む
歯科
問4

問4 区分番号「M018」に掲げる有床義歯に係る留意事項通知(8)について、「残根歯を利用したアタッチメントを使用した有床義歯は算定できない。」とあるが、これにかかわらず、有床義歯に磁性アタッチメントを使用することを目的 […]

続きを読む
歯科
問5

問5 磁性アタッチメントを使用することを目的とし、有床義歯に磁石構造体を装着した場合、区分番号「M029」に掲げる有床義歯修理を準用して算定することとされているが「第12 部 歯冠修復及び欠損補綴」の通則4、通則6及び通 […]

続きを読む
歯科
問6

問6 磁性アタッチメントを使用することを目的とし、有床義歯に磁石構造体を装着した場合、区分番号「M029」に掲げる有床義歯修理を準用して算定することとされているが、有床義歯を製作し装着した日から起算して6月以内に、磁性ア […]

続きを読む