「厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法第一項第五号の規定に基づき厚生労働大臣が別に定める患者について」の一部改正について(平成26年4月17日保医発0417第1号)

「厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法第一項第五号の規定に基づき厚生労働大臣が別に定める患者について」の一部改正について(平成26年4月17日保医発0417第1号)(300KB)に対応しました。

五号告示の一部改正に伴うその取扱いの周知。

別表一に、アフリベルセプト(遺伝子組換え)、オキサリプラチン、イリノテカン塩酸塩水和物、レボホリナートカルシウム、フルオロウラシル、メロペネム水和物、デクスラゾキサン、ブレンツキシマブベドチン(遺伝子組換え)、トラスツズマブエムタンシン(遺伝子組換え)を追加するとともに、ベバシズマブ(遺伝子組換え)の適応症に「卵巣癌」を追加。

DPC 2014
厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法第一項第五号の規定に基づき厚生労働大臣が別に定める患者について
http://dpc2014.mfeesw.net/t/sd


コメントを残す