使用薬剤の薬価(薬価基準)の一部改正等について(平成26年9月2日保医発0902第1号)

使用薬剤の薬価(薬価基準)の一部改正等について(平成26年9月2日保医発0902第1号)(PDF,383KB)に対応しました。

薬価基準、掲示事項等告示、特掲診療料の施設基準等が平成26年9月2日付けで一部改正されたことに伴い、以下の関係通知を改正。

    薬価基準の一部改正に伴う留意事項について

  • アレセンサカプセル20mg及び同40mg
  • オルプロリクス静注用500、同1000、同2000 及び同3000
  • トレプロスト注射液20mg、同50mg、同100mg及び同200mg
  • バイクロット配合静注用
  • ミレーナ52mg
    診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について

  • 保険医が投薬することができる注射薬(処方せんを交付することができる注射薬)及び在宅自己注射指導管理料の対象薬剤の追加
    対象薬剤:乾燥濃縮人血液凝固第X因子加活性化第VII因子
  • 別添1 医科診療報酬点数表に関する事項 > 第2章 特掲診療料 > 第2部 在宅医療 > 第3節 薬剤料 > C200 薬剤 【厚生労働大臣の定める注射薬】
  • 別添3 調剤報酬点数表に関する事項 > 調剤技術料 > 区分01 調剤料 (5)注射薬
  • 別添3 調剤報酬点数表に関する事項 > 別表1・2

関連通知:
薬価 2014
使用薬剤の薬価(薬価基準)の一部改正について

診療報酬点数表Web 2014
診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について

診療報酬点数表Web
在宅自己注射を実施するに当たっての留意事項


関連リンク:
使用薬剤の薬価(薬価基準)の一部を改正する件(平成26年9月2日厚生労働省告示第338号)

療担規則及び薬担規則並びに療担基準に基づき厚生労働大臣が定める掲示事項等の一部を改正する件(平成26年9月2日厚生労働省告示第339号)

特掲診療料の施設基準等の一部を改正する件(平成26年9月2日厚生労働省告示第340号)


コメントを残す