「厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法第一項第五号の規定に基づき厚生労働大臣が別に定める患者について」の一部改正について(平成29年2月14日保医発0214第2号)

「厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法第一項第五号の規定に基づき厚生労働大臣が別に定める患者について」の一部改正について(平成29年2月14日保医発0214第2号)(PDF,181KB)に対応しました。

高額薬剤通知の別表一に、ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)、乾燥濃縮人C1-インアクチベーター、カナキヌマブ(遺伝子組換え)、フマル酸ジメチル及びダクラタスビル塩酸塩/アスナプレビル/ベクラブビル塩酸塩を追加し、ニボルマブ(遺伝子組換え)の適応症に「再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫」を、イブルチニブの適応症に「再発又は難治性のマントル細胞リンパ腫」を追加。

DPC 2016
厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法第一項第五号の規定に基づき厚生労働大臣が別に定める患者について


コメントを残す