厚生労働大臣の定める先進医療及び患者申出療養並びに施設基準の一部を改正する件(平成29年3月31日厚生労働省告示第112号)

厚生労働大臣の定める先進医療及び患者申出療養並びに施設基準の一部を改正する件(平成29年3月31日厚生労働省告示第112号)(PDF,66KB)に対応しました。

「第二 先進医療ごとに定める施設基準に適合する病院又は診療所において実施する先進医療」の以下を一部改正。

  • 「七 自家液体窒素処理骨移植」を削除。
  • 「十二 末梢血幹細胞による血管再生治療」を削除。
  • 「十三 末梢血単核球移植による血管再生治療」を削除。
  • 「二十七 短腸症候群又は不可逆的な機能性小腸不全に対する脳死ドナーからの小腸移植」を削除。
  • 「二十八 短腸症候群又は不可逆的な機能性小腸不全に対する生体ドナーからの小腸部分移植」を削除。

「第三 先進医療を適切に実施できる体制を整えているものとして厚生労働大臣に個別に認められた病院又は診療所において実施する先進医療」の以下を一部改正。

  • 「十五 重症心不全に対する免疫吸着療法」を削除。
  • 「七十二 術後のカペシタビン内服投与及びオキサリプラチン静脈内投与の併用療法」を追加。
  • 「七十三 S-1内服投与並びにパクリタキセル静脈内及び腹腔内投与の併用療法」を追加。
  • 「七十四 S-1内服投与、シスプラチン静脈内投与及びパクリタキセル腹腔内投与の併用療法」を追加。

診療報酬点表Web 2016
厚生労働大臣の定める先進医療及び患者申出療養並びに施設基準


コメントを残す