HOME >  訪問看護 >  訪問看護計画書等の記載要領等について >  1 一般的事項

1 一般的事項

1 一般的事項

(1) 訪問看護計画書(以下「計画書」という。)及び訪問看護報告書(以下「報告書」という。)は、別紙様式1及び2を標準として作成するものであること。ただし、認知症の高齢者の利用者若しくは精神疾患を有する者等を対象として指定訪問看護を行う場合にあっては、その特性を踏まえ別紙様式3及び4を標準として作成するものであること。

(2) 訪問看護記録書(以下「記録書」という。)は、2の(3)に示すところに従い、各訪問看護ステーションにおいて、利用者毎に作成すること。

(3) 訪問看護ステーションの管理者は、主治医からの訪問看護指示書(以下「指示書」という。)、計画書及び報告書並びに記録書の内容について、助言、指導、確認等十分な管理を行い、指定訪問看護の提供等に遺憾のないよう努めること。


コメントを残す