HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第1部 医科 初・再診料 >  [疑義]A000 医科 初診料 >  (問4) A000初診料の注4に「なお、妥結とは、取引価格が決定しているものをいう。ただし…

(問4) A000初診料の注4に「なお、妥結とは、取引価格が決定しているものをいう。ただし…

(問4) A000初診料の注4に「なお、妥結とは、取引価格が決定しているものをいう。ただし、契約書等の遡及条項により、取引価格が遡及することが可能な場合には未妥結とする。」とあるが、例えば、9月に妥結し、契約書の契約期間が4月から9月までの場合には、4月に遡って清算することになるが、これは「遡及に当てはまらない」ということでよいか。また、この「遡及すること」は、どのような場合に想定されるのか。


(答) 9月末日以降に4月~9月分の取引分に係る取引価格が変更にならないのであれば、遡及に当てはまらない。「取引価格が遡及することが可能な場合には未妥結とする」は、4月~9月分の取引分について9月末日までに一時的に妥結をして取引価格を決め、10月以降に再度当該取引分についての取引価格を決めなおすことが可能な場合を想定している。この場合は、未妥結となる。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成26年3月31日事務連絡


コメントを残す