HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第1部 医科 初・再診料 >  [疑義]A001 医科 再診料 >  [疑義]地域包括診療加算 >  (問13) 地域包括診療料及び地域包括診療加算において、患者に交付する薬剤を院内と院外に分…

(問13) 地域包括診療料及び地域包括診療加算において、患者に交付する薬剤を院内と院外に分…

(問13) 地域包括診療料及び地域包括診療加算において、患者に交付する薬剤を院内と院外に分けて交付することは可能か。つまり、処方せん料と処方料のいずれも算定できるか。


(答) 1回の受診に対して、患者毎に院外処方か院内処方かいずれか一方しか認められない。なお、地域包括診療料においては処方料及び処方せん料は包括されているので院内処方であっても院外処方であっても算定できない。地域包括診療加算においては、該当する処方料又は処方せん料のいずれか一方を患者毎に算定できる。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成26年3月31日事務連絡


コメントを残す