HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第1部 医科 初・再診料 >  [疑義]A001 医科 再診料 >  [疑義]地域包括診療加算 >  (問1) A001 再診料に係る地域包括診療加算及びB001-2-9 地域包括診療料の施設…

(問1) A001 再診料に係る地域包括診療加算及びB001-2-9 地域包括診療料の施設…

(問1) A001 再診料に係る地域包括診療加算及びB001-2-9 地域包括診療料の施設基準にある慢性疾患の指導に係る適切な研修について、「疑義解釈資料の送付について(その8)(平成26年7月10日付医療課事務連絡)」問9では、平成26年12月に日医生涯教育認定証を受領した医師については平成27年3月31日以降も適切な研修を修了したものと考えてよいとされているが、当該認定証を添付することによる届出はいつまで可能か。また、平成26年12月発行以外の日医生涯教育認定証を受領した医師については、適切な研修を修了したものとして届出が可能か。


(答) 平成26年12月及びそれ以降に発行された日医生涯教育認定証について、平成27年度末までに届出を行う場合に限り、当該認定証を添付することで研修要件に係る届出として認められるものである。
なお、平成28年4月1日以降の届出については、日医生涯教育認定証ではなく、「疑義解釈資料の送付について(その8)(平成26年7月10日付医療課事務連絡)」問7及び問9に示す20時間の講習の受講記録を添付して行うことが必要である。


疑義解釈資料の送付について(その12)
平成27年2月3日事務連絡


関連リンク:


コメントを残す