HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第1部 医科 初・再診料 >  [疑義]A001 医科 再診料 >  [疑義]外来管理加算 >  (問6) 今回、100cm2未満の第1度熱傷の熱傷処置、100cm2未満の皮膚科軟膏処置、…

(問6) 今回、100cm2未満の第1度熱傷の熱傷処置、100cm2未満の皮膚科軟膏処置、…

(問6)
今回、100cm2未満の第1度熱傷の熱傷処置、100cm2未満の皮膚科軟膏処置、洗眼、点眼、点耳、簡単な耳垢栓除去、鼻洗浄、狭い範囲の湿布処置は基本診療料に含まれるものとされ、別途処置料を算定することができなくなったことに伴い、これらの処置を行った場合でも、要件を満たせば外来管理加算を算定できることになったものと考えてよいか。


(答)
外来管理加算を算定するための要件をみたしているものについては算定できる。なお、医師が直接これらの処置を行った時間又は説明を行った時間については、外来管理加算を算定する際の、「直接診察を行っている」時間に該当する。
さらに、これらの結果を踏まえて病状や療養上の注意について、懇切丁寧に指導説明する必要がある。

疑義解釈資料の送付について
平成20年3月28日事務連絡


コメントを残す