HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第1部 医学管理等 >  [疑義]B005-6 がん治療連携計画策定料 >  (問11) がん治療連携計画策定料を算定した患者が、退院後、予期せぬ病状の悪化等から、地域…

(問11) がん治療連携計画策定料を算定した患者が、退院後、予期せぬ病状の悪化等から、地域…

(問11)
がん治療連携計画策定料を算定した患者が、退院後、予期せぬ病状の悪化等から、地域連携診療計画の適応でなくなった場合は、すでに算定したがん治療連携計画策定料の扱いはどうなるのか。


(答)
計画策定を行い、退院した後にやむを得ない理由により、計画した治療を継続できない場合であっても、がん治療連携計画策定料は算定できる。

疑義解釈資料の送付について(その5)
平成22年6月11日事務連絡

LINEで送る
[`yahoo` not found]

コメントを残す