HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第1部 医学管理等 >  [疑義]B008 薬剤管理指導料 >  (問70) 薬剤管理指導料は、今回の改定により、救命救急入院料等を算定している患者の場合な…

(問70) 薬剤管理指導料は、今回の改定により、救命救急入院料等を算定している患者の場合な…

(問70)
薬剤管理指導料は、今回の改定により、救命救急入院料等を算定している患者の場合など、患者の入院後速やかに薬剤管理指導を実施する場合が増えると考えられる。このような観点から、薬剤管理指導を行うに当たり必要な医師の同意の取得については、病院として、医師が、すべての入院患者を薬剤管理指導の対象とすることをあらかじめ承認しておくなど、病院全体での取り決めを行っていれば、患者ごとの医師の同意は省略して差し支えないか。


(答)
当該保険医療機関において、あらかじめ取り決めを行っているような場合であれば、患者ごとの医師の同意は省略して差し支えない。なお、これらの場合にあっては、すべての医師がその旨を理解しておくとともに、医師が薬剤管理指導を不要と判断した場合の取扱いを明確にしておくなど、医師の同意の下に適切な薬剤管理指導が実施できる体制を構築しておくことが必要である。

疑義解釈資料の送付について
平成20年3月28日事務連絡


コメントを残す