HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第10部 手術 >  [疑義]複数手術に係る費用の特例 >  (問32) K719-3腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術については、平成25年1月24日付け疑義…

(問32) K719-3腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術については、平成25年1月24日付け疑義…

(問32) K719-3腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術については、平成25年1月24日付け疑義解釈資料(その11)別添1の問6において、同一手術野又は同一病巣につき、当該手術と他の手術を併施した場合は、「主たるもののみの算定となる。」としていたが、複数手術に係る費用の特例として告示されたことから、平成26年4月以降、どのように算定するのか。


(答) 複数手術に係る費用の特例において、同一手術野又は同一病巣につき、当該手術と別表第一に定められている手術を行った場合は、主たる手術の所定点数と従たる手術の所定点数の100分の50に相当する点数を算定する。
なお、当該疑義解釈資料(その11)(平成25年1月24日付)別添1の問6は廃止する。


疑義解釈資料の送付について(その3)
平成26年4月10日事務連絡


コメントを残す