HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第10部 手術 >  [疑義]K056-2 難治性感染性偽関節手術 >  (問30) K056-2難治性感染性偽関節手術(創外固定器によるもの)は、偽関節に対し創外…

(問30) K056-2難治性感染性偽関節手術(創外固定器によるもの)は、偽関節に対し創外…

(問30)
K056-2難治性感染性偽関節手術(創外固定器によるもの)は、偽関節に対し創外固定器を用いた手術であることに加え、難治性かつ感染性であることも算定要件になると解してよろしいか。


(答)
難治性感染性偽関節に対して行ったものにつき算定する。

疑義解釈資料の送付について(その8)
平成24年8月9日事務連絡


コメントを残す