HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第10部 手術 >  [疑義]K126-2 自家培養軟骨組織採取術 >  (問33)特定保険医療材料である150 ヒト自家移植組織(2)自家培養軟骨については、機能…

(問33)特定保険医療材料である150 ヒト自家移植組織(2)自家培養軟骨については、機能…

(問33)特定保険医療材料である150 ヒト自家移植組織(2)自家培養軟骨については、機能区分が①採取・培養キット及び②調製・移植キットに細分化されたが、平成28年3月31日以前に区分番号「K126-2」自家培養軟骨組織採取術を実施したことから①採取・培養キットを算定しなかった患者が、平成28年4月1日以降に区分番号「K059」骨移植術(軟骨移植術を含む)4 自家培養軟骨移植術を実施した場合であっても、②調製・移植キットしか算定ができないのか。



(答)区分番号「K126-2」自家培養軟骨組織採取術を平成28年3月31日以前に実施し、平成28年4月1日以降に区分番号「K059」骨移植術(軟骨移植術を含む)4 自家培養軟骨移植術を実施した場合に限り、「K059」の算定時に、特定保険医療材料150 ヒト自家移植組織(2)自家培養軟骨①採取・培養キット及び②調製・移植キットを算定できる。その際は、摘要欄に区分番号「K126-2」を実施した日付を記載すること。


疑義解釈資料の送付について(その2)
平成28年4月25日事務連絡