HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第10部 手術 >  [疑義]K546 経皮的冠動脈形成術 >  (問85) K546経皮的冠動脈形成術及びK549経皮的冠動脈ステント留置術について、新規…

(問85) K546経皮的冠動脈形成術及びK549経皮的冠動脈ステント留置術について、新規…

(問85) K546経皮的冠動脈形成術及びK549経皮的冠動脈ステント留置術について、新規に施設基準を届け出る場合は、関連学会の実施する調査に提出する手術件数に準じてそれぞれ記載することとあるが、具体的にはどのように記載するのか。


(答) 「急性心筋梗塞に対するもの」は、日本循環器学会に提出している実態調査の「急性心筋梗塞患者に対する緊急PCI件数」の件数を記載する。同様に、「不安定狭心症に対するもの」は「(緊急PCI件数)-(急性心筋梗塞患者に対する緊急PCI件数)」の件数を、「その他のもの」は「待機的PCI件数」の件数をそれぞれ記載すること。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成26年3月31日事務連絡


コメントを残す