HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第10部 手術 >  [疑義]K939-3 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算 >  (問44) K939-3人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算の施設基準における「常勤の看護師…

(問44) K939-3人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算の施設基準における「常勤の看護師…

(問44)
K939-3人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算の施設基準における「常勤の看護師」は、A236褥瘡ハイリスク患者ケア加算における専従の看護師(褥瘡管理者)との兼任は可能か。


(答)
兼任不可。ただし、A236褥瘡ハイリスク患者ケア加算における専従の看護師の要件に該当する者を複数配置し、常に褥瘡の早期発見及び重症化予防のための総合的な褥瘡管理対策を継続的に実施できる体制が確保されている場合であって、そのうちの1人が専従の褥瘡管理者として従事している場合には、それ以外の者についてはA236褥瘡ハイリスク患者ケア加算における専従の看護師(褥瘡管理者)の業務に支障がない範囲でK939-3人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算に係る業務と兼任することは可能である。

疑義解釈資料の送付について(その8)
平成24年8月9日事務連絡


コメントを残す