HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第13部 病理診断 >  [疑義]N004 細胞診 >  (問9)N004細胞診の注の液状化検体細胞診加算の通知に「採取と同時に作製された標本に基…

(問9)N004細胞診の注の液状化検体細胞診加算の通知に「採取と同時に作製された標本に基…

(問9)
N004細胞診の注の液状化検体細胞診加算の通知に「採取と同時に作製された標本に基づいた診断の結果、再検が必要と判断され、固定保存液に回収した検体から再度標本を作製し、診断を行った場合に限り算定できる。採取と同時に行った場合は算定できない。」とあるが、この「採取」とは、どの項目を示しているのか。


(答)
採取とは、医科点数表のどの項目を算定するかに関わらず、患者から検体としての細胞をとることをいう。

疑義解釈資料の送付について(その11)
平成25年1月24日事務連絡


コメントを残す