HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]入院基本料 >  (問14) 7対1入院基本料又は10対1入院基本料を算定する病棟において、夜勤を行う看護職…

(問14) 7対1入院基本料又は10対1入院基本料を算定する病棟において、夜勤を行う看護職…

(問14)
7対1入院基本料又は10対1入院基本料を算定する病棟において、夜勤を行う看護職員の1人当たりの月平均夜勤時間数が72時間以下であることのみを満たせなくなった場合、当該基準を満たせなくなってから直近3月に限り、算定できるとあるが、暦月で3か月を超えない期間の1割以内の一時的な変動は「満たせなくなってから直近3月」に含まれないということでよいか。


(答)
そのとおり。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成22年3月29日事務連絡


コメントを残す