HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]入院基本料 >  (問34) 入院基本料の施設基準において、夜勤専従者が、日勤の看護職員の急病時などの緊急や…

(問34) 入院基本料の施設基準において、夜勤専従者が、日勤の看護職員の急病時などの緊急や…

(問34)
入院基本料の施設基準において、夜勤専従者が、日勤の看護職員の急病時などの緊急やむを得ない場合に日勤を行った場合には、当該月は夜勤専従者とはみなされないのか。


(答)
勤務計画表に日勤が組み込まれていない者であって、日勤の看護職員の急病時などの真に緊急やむを得ない場合に限り日勤を行った程度のものであれば、夜勤専従者とみなして差し支えない。ただし、頻繁に日勤を行う必要性が生じることは想定されないことから、日勤を行うことが認められるのは、月に1回であることに留意されたい。

疑義解釈資料の送付について(その7)
平成19年4月20日事務連絡


コメントを残す