HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A100 一般病棟入院基本料 >  (問2) ADL維持向上等体制加算において、病棟専従の常勤理学療法士等は疾患別リハビリテー…

(問2) ADL維持向上等体制加算において、病棟専従の常勤理学療法士等は疾患別リハビリテー…

(問2) ADL維持向上等体制加算において、病棟専従の常勤理学療法士等は疾患別リハビリテーション等を担当する専従者との兼務はできないのか。


(答) できない。
ただし、ADL維持向上等体制加算の算定を終了した当該病棟の患者に対し、引き続き疾患別リハビリテーション等を提供する場合については差し支えない。なお、理学療法士等が提供できる疾患別リハビリテーション等は1日6単位(2時間)までとする。
また、当該病棟専従の常勤理学療法士等は、疾患別リハビリテーション料等の専従の理学療法士等として届け出ることはできない。


疑義解釈資料の送付について(その3)
平成26年4月10日事務連絡


コメントを残す