HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A101 療養病棟入院基本料 >  (問34)別紙8「医療区分・ADL区分に係る評価票評価の手引き」
「17.酸素療法…

(問34)別紙8「医療区分・ADL区分に係る評価票評価の手引き」
「17.酸素療法…

(問34)別紙8「医療区分・ADL区分に係る評価票評価の手引き」
「17.酸素療法を実施している状態(密度の高い治療を要する状態に限る。)」の項目の定義について、
① 1日の中で酸素流量が変動し、3L/分を下回る時間が存在する場合も医療区分3として良いか。
② 「肺炎等」に相当する疾患は、どのようなものが含まれるか。



(答)① 1日の中で流量が3L/分を下回る場合がある患者については、医療区分2に該当する。
② 「肺炎等」は、動脈血酸素飽和度を低下させる急性の呼吸器疾患等のこと。単なる痰や、慢性のものは該当しない。


疑義解釈資料の送付について(その1)
平成28年3月31日事務連絡