HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A106 障害者施設等入院基本料 >  (問5)入院基本料の算定について、①夜勤時間特別入院基本料について、「それぞれの所定点数の…

(問5)入院基本料の算定について、①夜勤時間特別入院基本料について、「それぞれの所定点数の…

(問5)入院基本料の算定について、①夜勤時間特別入院基本料について、「それぞれの所定点数の100分の70に相当する点数を算定できる」とあるが、この所定点数は、加算を含まない入院基本料の点数(例7対1入院基本料1,591点)を100分の70として算定してよいか。②区分番号「A106障害者施設等入院基本料」の「注2」における月平均夜勤時間超過減算の規定については、「注6」にある重度の意識障害の患者で医療区分2又は医療区分1の患者に相当する場合の各病棟区分別の入院基本料を算定する場合であっても適用されるのか。



(答)①よい。②適用される。


疑義解釈資料の送付について(その2)
平成28年4月25日事務連絡