HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A109 有床診療所療養病床入院基本料 >  (問39)一つの有床診療所が一般病床と療養病床の二つを有しているとき、在宅復帰機能強化加算…

(問39)一つの有床診療所が一般病床と療養病床の二つを有しているとき、在宅復帰機能強化加算…

(問39)一つの有床診療所が一般病床と療養病床の二つを有しているとき、在宅復帰機能強化加算の算定に用いる在宅復帰率、平均在院日数の計算において、一般病床から療養病床への転床、また療養病床から一般病床への転床はどのように取り扱うのか。



(答)在宅復帰率、平均在院日数の計算において、同一有床診療所内における別の病床区分への転床は、退院と同様に取り扱う。なお、在宅復帰率の計算において、これらの患者は在宅に退院した患者数に含めない。


疑義解釈資料の送付について(その1)
平成28年3月31日事務連絡