HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A200 総合入院体制加算 >  (問2) A200入院時医学管理加算、A207-2医師事務作業補助体制加算、A237ハイリ…

(問2) A200入院時医学管理加算、A207-2医師事務作業補助体制加算、A237ハイリ…

(問2)
A200入院時医学管理加算、A207-2医師事務作業補助体制加算、A237ハイリスク分娩管理加算の届出要件として、勤務医の負担の軽減に資する具体的計画を策定し職員等に周知していることとあるが、これは、策定する予定であれば届出が可能か。


(答)
上記の点数は、勤務医の負担軽減に対する体制を評価している加算であり、実際に勤務医の負担の軽減に資する具体的計画を策定し、職員等に周知する等の取り組みを行っている場合に届出ができるものであり、具体的計画を策定する予定だけでは、届出は受理されない。なお、届出に際しては、策定した具体的計画の写し(様式自由)を添付することとなっている。

疑義解釈資料の送付について(その8)
平成21年3月30日事務連絡

LINEで送る
[`yahoo` not found]

コメントを残す