HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A207-3 急性期看護補助体制加算 >  (問3) 急性期看護補助体制加算について、所定労働時間が週32時間未満の非常勤の看護補助者…

(問3) 急性期看護補助体制加算について、所定労働時間が週32時間未満の非常勤の看護補助者…

(問3) 急性期看護補助体制加算について、所定労働時間が週32時間未満の非常勤の看護補助者の勤務時間数も、看護補助者の勤務時間数の合計に算入してもよいか。


(答) 急性期看護補助体制加算の看護補助者の算出方法については、「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成26年3月5日保医発0305第1号)の別添7の様式9のとおりであるが、「看護補助者の月延べ勤務時間数の合計/(日数×8時間)」により、「月平均1日当たり看護補助者配置数」を算出するものであり、「看護補助者の月延べ勤務時間数の合計」には、非常勤の看護補助者の勤務時間数を算入しても差し支えない。


疑義解釈資料の送付について(その8)
平成26年7月10日事務連絡


コメントを残す