HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A212 超重症児(者)入院診療加算・準超重症児(者)入院診療加算 >  (問1) 超重症児(者)・準超重症児(者)の判定基準について、「基本診療料の施設基準等及び…

(問1) 超重症児(者)・準超重症児(者)の判定基準について、「基本診療料の施設基準等及び…

(問1)
超重症児(者)・準超重症児(者)の判定基準について、「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成22年3月5日保医発0305第2号)の別添6の別紙14に「以下の各項目に規定する状態が6か月以上継続する場合」とあるが、一時的(短期間)な中止や再開の頻度が多い状態(例えば酸素吸入、IVH、ネブライザー等)についても、6か月以上継続している必要があるのか。


(答)
一時的(短期的)な中止や再開により、それぞれの状態に若干の変動があっても、判定スコアの合計が基準点を6か月以上継続して超えている状態であればよい。

疑義解釈資料の送付について(その6)
平成22年7月28日事務連絡


コメントを残す