HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A212 超重症児(者)入院診療加算・準超重症児(者)入院診療加算 >  (問37) 平成27年4月1日以降、一般病棟(一部除く)における算定日数は90日とされてい…

(問37) 平成27年4月1日以降、一般病棟(一部除く)における算定日数は90日とされてい…

(問37) 平成27年4月1日以降、一般病棟(一部除く)における算定日数は90日とされているが、平成27年4月1日時点ですでに当該加算を算定していた場合、何日間算定可能なのか。


(答) 90日から平成27年3月31日時点の算定日数を引いた日数について算定可能である。
(例:平成27年3月31日時点で60日算定していた場合は、4月1日以降は30日間算定可能。平成27年3月31日時点で90日以上算定していた場合は、4月1日以降算定不可。)

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成26年3月31日事務連絡


コメントを残す