HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A244 病棟薬剤業務実施加算 >  (問67) 救命救急入院料などの特定入院料を算定する患者のみが1看護単位で入院している病棟…

(問67) 救命救急入院料などの特定入院料を算定する患者のみが1看護単位で入院している病棟…

(問67)
救命救急入院料などの特定入院料を算定する患者のみが1看護単位で入院している病棟には、薬剤師を配置する必要がないという理解で良いか。また、原則として保険診療対象外となる患者のみが1看護単位で入院している病棟(産婦人科病棟等)には、配置の必要がないという理解で良いか。


(答)
当該病棟には当該病棟に専任の薬剤師を配置する必要はないが、当該病棟においても病棟薬剤業務を実施するよう努めること。ただし、当該病棟に入院基本料(障害者施設等入院基本料を除く。)を算定する患者が含まれている場合には、薬剤師を配置し、病棟薬剤業務を実施する必要がある。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成24年3月30日事務連絡

LINEで送る
[`yahoo` not found]

コメントを残す