HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A247 認知症ケア加算 >  (問62)身体的拘束は具体的にはどのような行為か。

(問62)身体的拘束は具体的にはどのような行為か。

(問62)身体的拘束は具体的にはどのような行為か。



(答)身体的拘束は、抑制帯等、患者の身体又は衣服に触れる何らかの用具を使用して、一時的に当該患者の身体を拘束し、その運動を抑制する行動の制限であり、車いすやいす、ベッドに体幹や四肢をひも等で縛る等はすべて該当する。
ただし、移動時等に、安全確保のために短時間固定ベルト等を使用する場合については、使用している間、常に、職員が介助等のため、当該患者の側に付き添っている場合に限り、「注2」の点数は適用しなくてよい。


疑義解釈資料の送付について(その1)
平成28年3月31日事務連絡