HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A308-2 亜急性期入院医療管理料 >  (問14) 亜急性期入院医療管理料2を算定する病床だけで一つの病棟を構成した場合には、例え…

(問14) 亜急性期入院医療管理料2を算定する病床だけで一つの病棟を構成した場合には、例え…

(問14)
亜急性期入院医療管理料2を算定する病床だけで一つの病棟を構成した場合には、例えば、他の病棟は7対1入院基本料を算定し、当該病棟は13対1入院基本料を算定することはできるのか。


(答)
従前のとおり、入院基本料の届出については、病棟単位の届出はできないこととなっているので、当該病室だけで構成される病棟においても、その他の一般病棟と同じ入院基本料の届出が必要である。

疑義解釈資料の送付について
平成20年3月28日事務連絡


コメントを残す