HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A308 回復期リハビリテーション病棟入院料 >  (問2) 回復期リハビリテーション病棟入院料を算定している患者に対しては、多職種が共同して…

(問2) 回復期リハビリテーション病棟入院料を算定している患者に対しては、多職種が共同して…

(問2)
回復期リハビリテーション病棟入院料を算定している患者に対しては、多職種が共同してリハビリテーション総合実施計画を作成し、これに基づいて行ったリハビリテーションの効果、実施方法等について共同して評価を行うという「H003-2 リハビリテーション総合計画評価料」と同様の取り組みを行っていることから、「H003-2 リハビリテーション総合計画評価料」は同時に算定できないのか。


(答)
そのとおり。

疑義解釈資料の送付について(その7)
平成19年4月20日事務連絡


コメントを残す