HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A308 回復期リハビリテーション病棟入院料 >  (問3) 回復期リハビリテーション病棟入院料に係る経過措置(1日当たり2単位以上のリハビリ…

(問3) 回復期リハビリテーション病棟入院料に係る経過措置(1日当たり2単位以上のリハビリ…

(問3)
回復期リハビリテーション病棟入院料に係る経過措置(1日当たり2単位以上のリハビリ、重症患者割合2割以上)について、22年度改定前の施設基準を届け出ている保険医療機関が、改定後の施設基準の届出を行っていない場合には、従前の例によることとされているが、この場合において、22年度改定において新設された「休日リハビリテーション提供体制加算」及び「リハビリテーション充実加算」についてのみ施設基準の届出を行った上で、算定することはできるのか。


(答)
算定できない。なお、22年度改定で新設されたこれらの2つの加算については、改定後の回復期リハビリテーション料1又は2に係る施設基準を届け出ている保険医療機関に限り算定できる。

疑義解釈資料の送付について(その2)
平成22年4月13日事務連絡

LINEで送る
[`yahoo` not found]

コメントを残す