HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A308 回復期リハビリテーション病棟入院料 >  (問75) A308回復期リハビリテーション病棟入院料の施設基準にある日常生活自立度を測定…

(問75) A308回復期リハビリテーション病棟入院料の施設基準にある日常生活自立度を測定…

(問75)
A308回復期リハビリテーション病棟入院料の施設基準にある日常生活自立度を測定するための院内研修を行う看護師は、看護必要度の研修を受けた者でもよいのか。


(答)
差し支えない。看護必要度に係る評価に関する研修は、平成20年以降、一般病棟用の重症度・看護必要度に係る評価票として用いられたことから、研修内容が変わっているため、平成20年以降の研修を受講することが望ましい。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成24年3月30日事務連絡

LINEで送る
[`yahoo` not found]

コメントを残す