HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]A400 短期滞在手術基本料 >  (問6) 水晶体再建術を左右に行う場合に、下記のようなケースにおける短期滞在手術等基本料3…

(問6) 水晶体再建術を左右に行う場合に、下記のようなケースにおける短期滞在手術等基本料3…

(問6) 水晶体再建術を左右に行う場合に、下記のようなケースにおける短期滞在手術等基本料3の算定はどのようになるのか。
① 4月10日に入院→4月11日に右側実施→4月13日に退院→4月17日に入院→4月18日に左側実施→4月19日に退院。
② 4月10日に入院→4月11日に右側実施→4月13日に退院→4月24日に入院→4月25日に左側実施→4月26日に退院。


(答) ① 短期滞在手術等基本料3 + 出来高
(入院した日から起算して5日以内に手術・退院したため、短期滞在手術等基本料3を算定。その後、退院の日から起算して7日以内に再入院したため、短期滞在手術等基本料3は算定せず、出来高で算定)
② 短期滞在手術等基本料3 + 短期滞在手術等基本料3
(入院した日から起算して5日以内に手術・退院したため、短期滞在手術等基本料3を算定。その後、退院の日から起算して7日を超えた日に再入院したため、短期滞在手術等基本料3を算定)の算定となる。


疑義解釈資料の送付について(その7)
平成26年6月2日事務連絡


コメントを残す