HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 入院料等 >  [疑義]一般病棟用の重症度、医療・看護必要度に係る評価票 >  (問13) 平成26年3月まで7対1入院基本料(経過措置ではないもの)を算定していた医療機…

(問13) 平成26年3月まで7対1入院基本料(経過措置ではないもの)を算定していた医療機…

(問13) 平成26年3月まで7対1入院基本料(経過措置ではないもの)を算定していた医療機関が、看護配置基準が満たせず、平成26年4月1日に10対1入院基本料の届出をした場合、3月末までの看護必要度基準を満たしていれば「看護必要度加算」を届け出ることは可能か。


(答) 7対1入院基本料から10対1入院基本料へ届出を変更する場合の看護必要度加算の届出については、平成26年3月末の時点で、旧看護必要度基準を満たしていれば届出することができる。


疑義解釈資料の送付について(その2)
平成26年4月4日事務連絡


コメントを残す