HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 在宅医療 >  [疑義]C000 往診料 >  [疑義]在宅療養支援診療所・在宅療養支援病院 >  (問10) 複数の医療機関で地域における在宅療養の支援に係る連携体制を構築し、在宅療養支援…

(問10) 複数の医療機関で地域における在宅療養の支援に係る連携体制を構築し、在宅療養支援…

(問10)
複数の医療機関で地域における在宅療養の支援に係る連携体制を構築し、在宅療養支援診療所となる場合、患家に提供する在宅支援連携体制を構築する保険医療機関間で一元化した24時間直接連絡がとれる連絡先電話番号等は一でなければならないか。


(答) 原則として患家に提供する24時間直接連絡がとれる連絡先電話番号等は一とする。ただし、曜日、時間帯ごとに担当者が異なる場合には、それぞれ曜日、時間帯ごとの担当者を明示したうえで、患家がその他の担当者に連絡した場合であっても留守番電話等により担当者の案内を行うなど、対応に配慮を行うことで、切れ目なく24時間直接連絡が取れる体制を確保している場合に限り、複数の連絡先を提供しても差し支えない。

疑義解釈資料の送付について(その3)
平成24年4月27日事務連絡


コメントを残す