HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 在宅医療 >  [疑義]C000 往診料 >  [疑義]在宅療養支援診療所・在宅療養支援病院 >  (問120) 機能を強化した在宅療養支援診療所について、複数のグループに属する診療所の場合…

(問120) 機能を強化した在宅療養支援診療所について、複数のグループに属する診療所の場合…

(問120)
機能を強化した在宅療養支援診療所について、複数のグループに属する診療所の場合、往診、看取りの実績要件の計上はどうなるのか。


(答)
当該診療所が複数の連携グループに属することは差し支えないが、その場合、実績要件は重複して計上することはできない。
(例)過去1年間の緊急の往診実績3件、看取り実績1件を有するA診療所が、BグループとCグループの2つのグループに属する場合、往診実績3件、看取り実績1件をBグループにおける実績として計上した場合、Cグループにおいて計上できる実績は、往診0件、看取り0件である。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成24年3月30日事務連絡


コメントを残す