HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 在宅医療 >  [疑義]C000 往診料 >  [疑義]在宅療養支援診療所・在宅療養支援病院 >  (問8) 連携型の機能強化型在支診・在支病について、一部の医療機関が実績を満たせなくなった…

(問8) 連携型の機能強化型在支診・在支病について、一部の医療機関が実績を満たせなくなった…

(問8) 連携型の機能強化型在支診・在支病について、一部の医療機関が実績を満たせなくなった場合、連携に参加する全ての医療機関が改めて届出を行わなければならないのか。
また、一時的に実績を満たせなくなった医療機関が、後日、実績を満たした場合にはどのような取扱いになるか。


(答)  連携に参加する医療機関それぞれが改めて届出を行う必要はないが、実績を満たさなくなった医療機関はその旨を速やかに届け出ること。
また、実績を満たさなくなった医療機関が、後日、実績を満たした場合には、当該医療機関がその旨届出を行うことで、再び強化型に応じた点数を算定することができるようになる。


疑義解釈資料の送付について(その9)
平成26年9月5日事務連絡


コメントを残す