HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 在宅医療 >  [疑義]C001 在宅患者訪問診療料 >  (問9) 在宅患者訪問診療料2を算定する場合に記載する「別紙様式14」について、平成26年…

(問9) 在宅患者訪問診療料2を算定する場合に記載する「別紙様式14」について、平成26年…

(問9) 在宅患者訪問診療料2を算定する場合に記載する「別紙様式14」について、平成26年9月診療分までは添付を省略してもやむを得ないものとされたが、10月以降どのような取扱いになるのか。


(答)  平成26年10月診療分以降の取扱いについては、電子請求事務の対応状況等を考慮し、原則として、明細書の摘要欄又は症状詳記に記載することとし、以下の内容が含まれていれば差し支えないものとする。
<患者ごとに記載する事項>
※「要介護度」
※「認知症の日常生活自立度」
※「訪問診療が必要な理由」○○○○○○○○○○○○
(要介護4以上又は認知症の日常生活自立度IV以上の場合は不要。)
<算定日ごとに記載する事項>
※「訪問診療を行った日」
※「診療人数合計」
(同一日に同一建物の患者に、同じ医師が在宅患者訪問診療料2の対象となる訪問診療を行った人数の合計。)
[記載例1]
訪問診療にかかる記録書
要介護3
認知症の日常生活自立度3a
理由:○○○○○○○○○○○○のため
○日(○人)、○日(○人)
[記載例2]
訪問診療にかかる記録書
要介護4
認知症の日常生活自立度4
○日(○人)、○日(○人)


疑義解釈資料の送付について(その9)
平成26年9月5日事務連絡


コメントを残す