HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 在宅医療 >  [疑義]C002 在宅時医学総合管理料 >  (問21)有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅及び認知症グループホームに居住する患者…

(問21)有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅及び認知症グループホームに居住する患者…

(問21)有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅及び認知症グループホームに居住する患者であって、平成28年3月以前に在宅時医学総合管理料を算定していた患者のうち、当該住居に居住している間に在宅時医学総合管理料を算定していた患者は、平成29年3月末まで引き続き在宅時医学総合管理料を算定可能とされている。一方、「『医療保険と介護保険の給付調整に関する留意事項及び医療保険と介護保険の相互に関連する事項等について』の一部改正について(平成28年3月25日保医発0325第8号)」では、これらの患者について、在宅時医学総合管理料は算定できないとされているが、平成29年3月末までの間は、算定できると考えてよいか。



(答)よい。


疑義解釈資料の送付について(その4)
平成28年6月14日事務連絡