HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第2部 在宅医療 >  [疑義]C101 在宅自己注射指導管理料 >  (問127) 在宅において緊急補助的治療として使用するためにアドレナリン製剤を処方された患…

(問127) 在宅において緊急補助的治療として使用するためにアドレナリン製剤を処方された患…

(問127)
在宅において緊急補助的治療として使用するためにアドレナリン製剤を処方された患者について、毎月、自己注射に関する指導管理を行った場合に、その都度、C101在宅自己注射指導管理料を算定することができるのか。


(答)
アドレナリン製剤を処方した際のC101在宅自己注射指導管理料については、医学的な必要性からアドレナリン製剤を処方し、処方と同時に自己注射に関する指導管理を行った場合に限り、算定することができる。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成24年3月30日事務連絡

LINEで送る
[`yahoo` not found]

コメントを残す