HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第3部 検査 >  [疑義]D006-3 Major BCR-ABL1 >  (問2)平成28年12月1日より、FIP1L1-PDGFRα融合遺伝子検査が保険適用となっ…

(問2)平成28年12月1日より、FIP1L1-PDGFRα融合遺伝子検査が保険適用となっ…

(問2)平成28年12月1日より、FIP1L1-PDGFRα融合遺伝子検査が保険適用となったが、どのような場合に算定できるか。



(答)FISH法によるFIP1L1-PDGFRα融合遺伝子検査が可能な体外診断用医薬品として薬事承認を得ているものを用いて、測定した場合に限り算定できる。


疑義解釈資料の送付について(その10)
平成29年3月31日事務連絡