HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第3部 検査 >  [疑義]D007 血液化学検査 >  (問6) 「平成26年度診療報酬改定関連通知の一部訂正及び官報掲載事項の一部訂正について」…

(問6) 「平成26年度診療報酬改定関連通知の一部訂正及び官報掲載事項の一部訂正について」…

(問6) 「平成26年度診療報酬改定関連通知の一部訂正及び官報掲載事項の一部訂正について」(平成26年6月30日付医療課事務連絡)において、同年3月5日付保医発0305第3号「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について」及び同年3月26日付保医発0326第3号「「診療報酬請求書等の記載要領等について」の一部改正について」の一部訂正として、総鉄結合能(TIBC)(RIA法)、不飽和鉄結合能(UIBC)(RIA法)を実施した場合は、他の検査で代替できない理由を診療報酬明細書の摘要欄に記載することとされたが、平成26年4月診療分から遡及し記載することとなるのか。


(答) 平成26年4月診療分から同年6月診療分までは記載がなくてもやむを得ない。


疑義解釈資料の送付について(その12)
平成27年2月3日事務連絡


関連リンク:
平成26年度診療報酬改定関連通知の一部訂正及び官報掲載事項の一部訂正について(平成26年6月30日付医療課事務連絡)


コメントを残す