HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第5部 投薬 >  (問13)「疑義解釈資料の送付について(その1)」(平成26年3月31日付け事務連絡)の問…

(問13)「疑義解釈資料の送付について(その1)」(平成26年3月31日付け事務連絡)の問…

(問13)「疑義解釈資料の送付について(その1)」(平成26年3月31日付け事務連絡)の問72において、精神科の診療に係る経験を十分に有する医師については、日本精神神経学会が認定する精神科専門医であることを証する文書及び日本精神神経学会が認定する研修を修了したことを証する文書を「別紙様式39」に添付して地方厚生(支)局長に届け出ることとされているが、他にどのような医師が精神科の診療に係る経験を十分に有する医師に該当するのか。



(答)当該要件への該当の可否については、個別に各地方厚生(支)局に確認されたい。


疑義解釈資料の送付について(その8)
平成28年11月17日


関連リンク

(問72)向精神薬多剤投与を行った場合の減算の除外規定について、「抗うつ薬又は抗精神病薬に限り、精神科の診療に係る経験を十分に有する医師… 疑義解釈資料の送付について(その1)平成26年3月31日