HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第5部 投薬 >  (問132)区分番号「F200」薬剤料の注2(向精神薬多剤投与の場合の100分の80減算)…

(問132)区分番号「F200」薬剤料の注2(向精神薬多剤投与の場合の100分の80減算)…

(問132)区分番号「F200」薬剤料の注2(向精神薬多剤投与の場合の100分の80減算)について、1剤(服用時点、服用回数が同じもの)に向精神薬とそれ以外が混在する場合、どのように計算するか。



(答)以下の例のとおり。
* 向精神薬A 79.3円・調剤単位に求める点数
向精神薬B 184.4円79.3+184.4+20.4+5.6=289.7円→29点
向精神薬C 20.4円・向精神薬の点数
向精神薬以外5.6円79.3+184.4+20.4=284.1円→28点
・向精神薬以外の点数
29-28=1点
・薬剤料の逓減
28×0.8=22.4→22点
・逓減後の剤の合計点数
22+1=23点
* 向精神薬D 164.4円・調剤単位に求める点数
向精神薬E 61.0円164.4+61.0=225.4円→23点
・向精神薬の点数
164.4+61.0=225.4円→23点
・薬剤料の逓減
23×0.8=18.4→18点
・逓減後の剤の合計点数
18点
* 向精神薬以外252.8円・調剤単位に求める点数
252.8円→25点
* 向精神薬F 365.9円・調剤単位に求める点数
365.9円→37点
・向精神薬の点数
365.9円→37点
・薬剤料の逓減
37×0.8=29.6→30点
・逓減後の合計点数
30点
薬剤料合計23+18+25+30=96点


疑義解釈資料の送付について(その1)
平成28年3月31日事務連絡