HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第5部 投薬 >  (問6) シダトレンスギ花粉舌下液200JAU/mLボトル(10mL 1瓶)及び2,000…

(問6) シダトレンスギ花粉舌下液200JAU/mLボトル(10mL 1瓶)及び2,000…

(問6) シダトレンスギ花粉舌下液200JAU/mLボトル(10mL 1瓶)及び2,000JAU/mLボトル(10mL 1瓶)の請求方法はどのようにすればよいか。


(答) 本製剤は、増量期の投与にあたって1週間分を1瓶として処方されるものであるため、1瓶あたりの額を用いて薬剤料の点数を算定するとともに、用法等を以下に示す例を参考に記載すること。
なお、調剤レセプトの場合は内服用滴剤として請求すること。
例)シダトレンスギ花粉舌下液200JAU/mLボトル(10mL 1瓶) 1瓶
1日1回7日分 42×1
シダトレンスギ花粉舌下液2,000JAU/mLボトル(10mL 1瓶) 1瓶
1日1回7日分 101×1


疑義解釈資料の送付について(その10)
平成26年10月10日事務連絡


コメントを残す