HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第5部 投薬 >  [疑義]F100 処方料 >  (問7) 別紙36で抗精神病薬に分類されているレセルピンを降圧剤として投薬した場合等、向精…

(問7) 別紙36で抗精神病薬に分類されているレセルピンを降圧剤として投薬した場合等、向精…

(問7) 別紙36で抗精神病薬に分類されているレセルピンを降圧剤として投薬した場合等、向精神薬を別の目的で投薬した場合も向精神薬多剤投与に係る種類数に含まれるのか。


(答) 含まれる。別の効果を期待して投薬した場合であっても、別紙36の分類に基づき向精神薬として種類数にカウントする。なお、種類数に含まれるのは別紙36に示した成分の医薬品を内服・頓服・外用として投薬した場合であり、注射薬は種類数に含まれない。


疑義解釈資料の送付について(その10)
平成26年10月10日事務連絡


コメントを残す