HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第7部 リハビリテーション >  (問108) 疾患別リハビリテーション料の「標準的算定日数」を超えた後の患者は、一律で月1…

(問108) 疾患別リハビリテーション料の「標準的算定日数」を超えた後の患者は、一律で月1…

(問108)
疾患別リハビリテーション料の「標準的算定日数」を超えた後の患者は、一律で月13単位までとなるのか。


(答)
ならない。これまでと同様に標準的算定日数の除外対象患者として厚生労働大臣が定める患者に該当するものは月13単位を超えて実施できる。

疑義解釈資料の送付について
平成20年3月28日事務連絡


コメントを残す